岐阜の花屋 プハラ です。岐阜市福光西2丁目3-5    丸五アパート101      天神川沿い どんぐり公園向かいにお店があります。 tel:058-260-6636 mail:puhara@nifty.com


by puhara
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

そして 「喫茶 シャコンヌ」

e0123920_21310100.jpg

東京イボンヌさんの第三回公演 「喫茶シャコンヌ」 の観劇。

今回は、なんと言っても 生のバイオリン演奏が入っています。
戯曲とクラシック音楽の融合がテーマという劇団イボンヌにとって、
これはかなり効果的なのではないでしょうか?
生の音が入るだけで、舞台がとても力強く感じられました。

舞台のことは まったく分かりませんけど、
今回の舞台は 人物造形がとても魅力的で、
なかなか興味深く見させていただきました。

そして あの独特の世界観。
くだらないことを言ってても、ぎりぎりのところで下品にならない センス。
舞台全体から発せられる エネルギー。

よい体験でした。










実はワタクシ、小劇場での演劇とか 自主制作映画とか インディーズミュージさんとか
本来 ちょっと苦手であります。
むろん、素晴らしい才能が発見される場合もありますが、
とくに情報過多な昨今では 玉石混合すぎて どうにもこうにも・・・

なんと言いますか、作り手の意気込みとか想いが強すぎて 
受け手がついて行き切れない場合が よくあります。
商業主義に走りすぎるのも もちろんどうかと思いますけど、
でも、作品として発表するからには 視聴する側の目線も考えて欲しいと思うのです。
当然 作りたいモノと 要求されるモノ との間でジレンマもあることでしょう。
でも、そこで悩むのは当然のこと。
「これが自分のスタイルだ」 とか開き直らずに、悩み続けるべきだと思います。
もちろん自分もも含めて。


今回、劇団主宰の福島さんには 率直な感想を述べさせていただきましたが
こんな素人の稚拙な言葉にも 真摯に耳を傾けて下さいました。
その姿勢もまた 尊敬すべき点でもありました。
次の公演もまた 期待しています。


e0123920_2402633.jpg

今回のインプット。
さすがに 1日でけっこうな情報量でしたので、ちょっと疲れました。
暑かったし よく歩いたし、ドロドロに疲れていたはずなのに
この日は 妙に神経が冴えてしまって、一睡もできませんでした。
子供なら 熱出してる状態でしょうか?(笑)

で、まったくもって疲れが抜けず
次の日の市場が すごくつらいわけですが・・・






  

 
 
[PR]
Commented by あひるこ at 2009-07-19 10:23 x
「ぎりぎりのところで下品にならない センス」
素敵な表現!
わたしは意味不明な小劇場や自制ものほど好みでありまして、
けっこう残念な思いをして帰ってくるパターンも多いんです(笑)が、
人生のアクセントにはなります(?)。

お疲れは、とれましたか?

Commented by puhara at 2009-07-21 19:56
>あひるこさま
人生のアクセント!
確かに!!!
ものは考えようですね~

でも、演劇も音楽も映画も 作品として発表するからには
それなりのものを見せて欲しい と思っちゃうんですよね。
Commented by イボンヌ at 2009-07-31 12:59 x
遅くなりましたが、遠路よりのご観劇ありがとうございました。

遠路から行く価値を提供したい、と。

進化を遂げるよう、頑張りますね。

ありがとうございました。

感想等、すべて受け止めています。





Commented by puhara at 2009-08-01 20:03
>イボンヌさま
いえいえとんでもない!
こちらこそありがとうございました。
遠路といえば遠路ですけど、日帰りできるし(笑)
毎回 よい刺激をいただいております。
次は 秋?冬? 
暑くないので うれしいです。
by puhara | 2009-07-16 23:54 | おさんぽ雑記 | Comments(4)