岐阜の花屋 プハラ です。岐阜市福光西2丁目3-5    丸五アパート101      天神川沿い どんぐり公園向かいにお店があります。 tel:058-260-6636 mail:puhara@nifty.com


by puhara
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Man On Wire

e0123920_13562658.jpg

『マン・オン・ワイヤー』という映画を見ました。
今は亡きワールド・トレード・センターのツインタワーで綱渡りをした男 
フィリップ・プティのドキュメンタリー。

「史上、最も美しい犯罪芸術」という謳い文句に、
なるほど とうなずく。

綱渡りに至るまでの準備などが けっこう大変なわけですけど、
プティも そして、その仲間も
なんでそこまで。。。
っていうか、私のような平凡な人間からしてみれば
頭がおかしいと言ってしまおう。

けれども、NYの景色を見下ろし 空中を歩く男の画は
本当に美しくて、
なんだかわかんないけど 泣いてしまいました。


音楽は マイケル・ナイマン。


この後、仲間や恋人とどうなったかも含めて、
"考え" "想像"させてくれる
ドキュメンタリー映画は やっぱり好きです。

ただ、この何年後かに 
ツインタワー自体が あんなことになってしまうだなんて、
この時は 誰も想像などしなかったでしょうが・・・
[PR]
Commented by cayo at 2009-08-22 00:09 x
ほんま、とんでもないですよねーぇ!
わたしは夢中になって観入ってしまいましたが、
実際、身近なひとがコレをやる、と言い出したら絶対
協力なんてできない!泣きながらとめて、とめきれなかったらもう
そのひとから逃げ出してしまうかと思います。

映画は、その後のビルの運命のことを描かなかった。
そこにもわたしはリスペクトでした。

プハラさん、わたしも泣いちゃった!この映画!
Commented by イボンヌ at 2009-08-22 08:56 x
面白そうですね・・・・

Commented by puhara at 2009-08-24 20:53
>cayoさま
どうしても、周りの人に感情移入してしまいますよね。
私も逃げ出すなぁ・・・

でも、綱渡りしてる場面は 何故だか涙が止まらなかった。
余計な説明とか 一切ないのに。。。
その"体現"だけで何かをうったえられる
まさに芸術なんでしょうね。

ツインタワーのその後は、全て観客に委ねられたのですね。
うん。リスペクト。
Commented by puhara at 2009-08-24 20:54
>イボンヌさま
こういう形の表現もあるのだな と思います。
ぜひご覧いただきたい!
Commented by mame at 2009-09-03 09:20 x
私も見たいと思っていた映画です。
いつも貸出中でまだ見れていません。
絶対見ますね。
Commented by puhara at 2009-09-03 20:57
>mameさま
これ いいですよ!
説明くさい作品ではないので、
いろいろ想像の余地があります。
by puhara | 2009-08-21 14:13 | 店主の日常 | Comments(6)