岐阜の花屋 プハラ です。岐阜市福光西2丁目3-5    丸五アパート101      天神川沿い どんぐり公園向かいにお店があります。 tel:058-260-6636 mail:puhara@nifty.com


by puhara
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

母なる映画 (今さらながら・・・)

e0123920_20162762.jpg

母の日が終わって、ちょっと一息・・・

とか思っていたら、のんびりしすぎて ブログ放置してしまってました(汗



久しぶりに 趣味の話でも~ と思ってたところに
どこかの映画サイトで、
母の日にちなんで 「インパクトのある母」 が出てくる映画を特集してたんです。

それがとても面白かったので、
よし!これは真似してみよう!!!

と思ってたんですが、すっかり今さら感が・・・


ま、細かいことは気にせず(笑)
プハラ的 気になる母ちゃん映画☆ をあげてみたいと思います。
















ちなみに、『サイコ』と 『13日の金曜日』と 『キャリー』は
とってもパンチがあって 大好きな作品なのですが、
有名すぎるので、今回は割愛~




e0123920_20183290.jpg

これ すごかったですね~

韓国映画は インパクト勝負なのが多いとは思ってますが、
オープニングの母ダンスからもう、夢中でした!

「ここまでするか!?」 ってのを超えて、
さらにグイグイ来る母性は まさに狂気

なんていうか、韓国映画の「濃さ」を 存分に楽しめました。



e0123920_20202276.jpg

息子溺愛母なら 邦画も負けていません。

下着姿で迫り来る市原悦子の怖いこと怖いこと。
あの声も相まって、ちょっとトラウマになりました。

時代を感じる作品ですが、
若き原田美枝子のヌードと「じゅんちゃ~ん」という台詞も、
脳裏に焼きつきます。




e0123920_20175169.jpg

怖い系では この作品も鳥肌でした。

子ども3人を男に押しつける実母の小川真由美
押し付けられる養母の岩下志麻
どちらも「鬼」としかいえないくらいの迫真の演技。

しかも、どちらも 一歩踏み外すと明日はわが身の
紛れも無い人間の姿 ってのが、心底 恐ろしかったです。 




e0123920_2018957.jpg

志麻様つながりでこちらも。

当ブログでも 再三登場している
私のトラウマムービーNO1!!!
もはや説明不要の 岸田今日子!!!

DVD化されたそうなので、未見の方には ぜひご覧いただきたいです。




e0123920_20172422.jpg

こちらはまだDVD化はされてないのかな?

マナー違反や常識知らずの人たちを ざっくざく!!!

怖いママではありますが、
謎の(?)爽快感が!

そして、実話と聞いて
ものすごく後味が悪くなったりします。

とにかく 振り切ったブラックコメディです。





e0123920_22334169.jpg

毛色の違うところでは、キレイなママ。
いわゆる「美しすぎる母」 ってことは・・・

このテのテーマにありがちな 下衆な生々しさはなく、
お洒落にまとまってるのは さすがルイ・マル、さすが おフランス。

だが、そこんとこが変に後味が悪い。

ラストの家族の笑顔が なんともはや・・・





e0123920_20184580.jpg

ここまで書いてみて、
ちょっとあんまりなラインナップになってしまったので(笑)
怖くないママを。



これは泣きました。

戦争の悲惨さ というカテゴリになるのでしょうか?
強烈な描写はほとんど無いのですが、
それゆえに胸を締め付けられた作品です。

この作品はほんとにネタバレ厳禁ゆえ、詳しいことを書けないのがもどかしいのですが
思春期の母子の行き違いのリアルさ含め
母の愛って ほんとうに深い!!! と思えました。




e0123920_20194688.jpg

17歳のコロンビア人少女が 生活のために麻薬の運び屋になります。
その方法は、カプセルに仕込んだ麻薬を 飲み込んで密輸するという危険なもの。

かなりハードなストーリーですけれども、
タイトルどおり 最後に光を見ることができます。

これも ひとつの母の物語。




ほかにも色々思い出だしたりしたのですが、
どうも 怖い系に偏りがちなので
とりあえず 今回はこんな感じで。

そのほかにも「これは見とけ!」 っていうのがありましたら、
ぜひ教えてください。

母性って・・・
奥深いですね。







 
[PR]
Commented by tomo-so_ko at 2012-05-28 22:03
『この子の…』は私が小学時代に公開されてたと思いますが。。
このポスターの怖かった事!見に行きたくて仕方なくて。でも
映画館に1人で行く勇気が持てず仕方なしに単行本を買いました。
…ってこの話は以前も書いたような。。。
Commented by puhara at 2012-05-28 22:42
>tomoさま
すみません、『この子の~』散々出てますよね(笑)
でも、やっぱりこれが忘れらんないんですよ。
で、結局映画はご覧になれました?
Commented by tomo-so_ko at 2012-05-31 00:31
映画は公開日時内には見れませんでした。
確かTVで放送してたのを見たような感じです。
幼い頃のトラウマって怖いなーと思いましたよ。

…で何気にpuharaさんも模様替中なんですねぇ→
ぐふ。
Commented by puhara at 2012-05-31 22:13
>tomoさま
わたしもTVで見ましたよ。それでも十分トラウマですよぅ・・・

模様替えと大掃除を兼ねているのですが、狭い狭い店内なのに あ~でもない こ~でもないと考えながらなので、遅れに遅れております・・・(泣)
by puhara | 2012-05-28 21:21 | 店主の日常 | Comments(4)