岐阜の花屋 プハラ です。岐阜市福光西2丁目3-5    丸五アパート101      天神川沿い どんぐり公園向かいにお店があります。 tel:058-260-6636 mail:puhara@nifty.com


by puhara
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

9月が永遠に続けば

e0123920_22592778.jpg

もう10月なのに このタイトルなのは
沼田まほかるに ちょっとはまっているからです。

読書の秋ですねぇ・・・



履歴書の趣味の欄には 
いつも無難に 「読書」 「音楽鑑賞」 「映画鑑賞」 と書いていました。


すっごい読むのもおっそいですし、
すっごいジャンルも偏ってるんですけども。
本を読むことは 嫌いではありません。

そんな私の 人生を変えた書籍。



e0123920_2310562.jpg

リチャード・バックの『イリュージョン』

世界は幻想なんですよ。

村上龍訳の方しか読んでなくて、
しかも 評判悪いらしいんですけど(笑)
いちいち名言なんです。

これを読んでいなかったら、
今の私は もっと違っていたような気もしますね。



e0123920_23183351.jpg

マーク・トウェインの『不思議な少年』

マークトウェインといえば、
トム・ソーヤであり ハックルベリー・フィンなわけですよ。
世界名作劇場世代ですから!

それがまぁ、よくもこんな冷笑的な ある意味悪意すら感じる作品に!
って ひっくり返りましたねぇ

私の中では 先の『イリュージョン』と表裏一体になっています。



e0123920_23261121.jpg

超・課題図書ですけど、
太宰の『人間失格』

「ただ いっさいは過ぎていきます」

あのラスト、
あの境地、
嗚呼 なんて幸せそうなんだろう と。


この作品と『智恵子抄』で、
自分の中に 廃人願望とも呼べる何かがあることを発見しました。
そしてそれは、たぶん いまだにあきらめてはいないのです。



ほかにも好きな本はたくさんありますが、
棺桶に入れて欲しいのは、この3冊かもしれません。




秋になると、やたらと本買いたくなるわけですが、
そろそろ つん読書籍が 壁になりつつあるので、
今秋は ちょっと自重・・・ のつもり。



ちなみに、小学校の図書館ではじめて借りたのは
乱歩の『人間豹』でした。
[PR]
Commented by だい@にぃにぃ at 2012-10-14 00:31 x
読書の秋ですねー!
基本、日本史に関わる物しか読んで
ないのですがww

太宰さんは難解過ぎて挫折した覚えがチラホラ・・・
小学生の時は同じく図書室で借りた
江戸川乱歩は読みあさりました♪
Commented by puhara at 2012-10-15 22:25
>だいさま
読書の秋ですね~
日本史ものも読みたいです。幕末ら辺とか。
今は ドロドログログロしたのにはまってますけど(笑)

乱歩なかま~♪
by puhara | 2012-10-06 10:00 | 店主の日常 | Comments(2)