岐阜の花屋 プハラ です。岐阜市福光西2丁目3-5    丸五アパート101      天神川沿い どんぐり公園向かいにお店があります。 tel:058-260-6636 mail:puhara@nifty.com


by puhara
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

節目

e0123920_2254013.jpg

いよいよコサージュの季節到来。

フレッシュ・プリザ・アーティフィシャル
それぞれ、お洋服や ご希望に合わせてお作りいたしますので、
お気軽にお問い合わせ下さい。

また、プリザでしたらご自分でお花を選んで作る
時間フリーのプライベートレッスンもやってます。

徐々にご予約いただいておりますので
どうぞ お早めにお問い合わせ下さい。










ここからは、業務外。
個人的な萌え語りです(笑)



ここ最近、もともと うすぼんやりした顔なのに、
さらに目を腫らし むくんだ不細工面をさらしていたのは
おもにソチオリンピックのせいです。

いや~~~ 一週間でどんだけ泣いたんだろ?

当ブログを読んでくださってる方は、うっすらお気づきかと思われますが
フィギュアスケートが大好きです。

いやはや熱かったです。


e0123920_22155312.jpg

プルシェンコ選手棄権!! からの羽生選手の最高得点

そりゃ涙腺も崩壊しようってもんです。


羽生選手が大のプルシェンコファンだってのは、よく知られていたわけですし、
五輪の舞台での直接対決、ぜひとも見たかったです。


が、プルシェンコ選手の首から下で、健康な部分はほとんどない とも聞いています。
ヤグディンとの熾烈なトップ争いから、
貫禄のトリノ、孤高のバンクーバー
もう15年ですか…

本当に長い間、お疲れ様でした。
大好きでした。


異次元の技術と 唯一無二の芸術性と あふれる茶目っ気を兼ね備えた
あんなスケーターは、もう出てこないような気がしています。



いつか本当に羽生選手のコーチとして、キスクラで隣に座ってくれたならば
むせび泣きながら拝む自信があります。









で、もちろん浅田真央選手に嗚咽。

心底「メダルなんてどうでもいい!!!」と思えるほど、震えが止まりませんでした。


昨年夏のアイスショーで、生真央ちゃん見てきたんですよ。
ソトニコワもゴールドも、キラッキラでかわいくて 演技も素晴らしくて
まじ天使!!! とか思ってましたけど、
浅田真央選手は、誇張抜きで さらに別格のオーラを放っていました。


今期のエキシプロ「SMILE」観たときに、
どうかソチで、心からの笑顔で踊る真央ちゃんが見られますようにと 祈ったものです。


結果は、選手としての本意ではなかったのかもしれませんが、
きっと何年後かに ソチオリンピックのことを思い出すときに
必ず浮かぶのは 浅田選手の演技なのだと思います。


本当に本当に ありがとうございました。
私にとって浅田真央という選手は
ヤグディン プルシェンコに並ぶ、ゆるぎない覇王色のスケーターでした。
そして、きっと羽生選手もそれに並ぶと信じています。




そして、今期をもって引退ということになるであろう 
私の愛したトリノ~バンク世代のスケーターのみなさん

このあたりを語りだすと、素面でひと晩 余裕でしゃべり倒せる勢いではあります。



まだ世界選手権がありますけれども
怪我なく 悔いなく、思う存分の神演技で終えられることを
ただただ祈ります。






e0123920_22161952.jpg

そして花屋的注目ポイントはといいますと、
フラワーセレモニーの花束が、ちょっと地味…
とかではなく。


優雅な演技と 丹精な美貌、そして突き抜けたファッションセンスで、
今でも大好きなジョニー・ウィアーさん!
バンクーバーでのバラの花冠も印象深いですよね。
羽生選手の衣装デザインもされてます。

オリンピック期間中も華麗なファッションを披露してくれてたうちのこの一枚。
ミモザかな?
かわええ!!!
[PR]
by puhara | 2014-02-27 11:04 | flower | Comments(0)