岐阜の花屋 プハラ です。岐阜市福光西2丁目3-5    丸五アパート101      天神川沿い どんぐり公園向かいにお店があります。 tel:058-260-6636 mail:puhara@nifty.com


by puhara
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

感覚のロジック

e0123920_20535150.jpg

先日、連休をいただきまして
いろいろインプットしてきました。

知人の個展みてきたり、
春画展みてきたり、
舞台みてきたり、
久しぶりのお友達に会ったり、
初対面の方とお話ししたり、
お洒落な街を歩いたり、
小説や映画の舞台になった下町を体感したり、

なんかとにかく、インプットしてきました!!!

体力的には 死ぬほど疲れましたが、
脳みそ的には 死ぬほど楽しかったです。







で、お友達にとってもいい話を聞きました。

人には五感というものがありますが、
それぞれみなさん 得意な感覚というのがあるそうです。

たとえば 「夏の海」 と聞いて、どんなものを思い浮かべますか?


「波の音」 「ギャルの歓声」 (もう一つはわすれちゃった。すみません)
と答えた友人は、歌を歌う人です。
完璧に聴覚のひとですね。


「暑い」 「日焼け」 (こちらももう一つはわすれちゃった。酔ってたからね)
と答えたうちの相方は、自転車に乗ったりします。
体感 触覚の人なんでしょう。

この話をしてくれたのは歌うたいさんの奥様ですが、
こちらは完全に視覚の人なのだそう。
海の青さや 珊瑚砂の白さ アダンやハマヒルガオの植生が浮かんだわたしも
たぶんこの仲間です。


で、視覚の人が聴覚の人を情報を共有しようとするとき、
こちらの奥様が旦那様に何かを伝えようとする場合、
見たままそのままを描写しても、どうにもはまらなかったですって。
どんなに言葉を尽くしてみても、いまいち伝わりきらないというか。

ふとあるとき、とにかく擬音で説明することにしてみたそうです。
「ドーン!!」 でも 「バーン!!」 でもいい。
ほんとに小学生レベルの語彙でもいい。
そうしたらだんなさまが 「うん。わかった!」 と。
パズルのピースがはまるかのように。


この話、とても胸を打たれました。

私はおおむね視覚的な人間で
花屋ってのは 色を使う仕事だと思ってます。

扱うものが植物でありますから、嗅覚 味覚 にアピールすることは
わりに易いかもしれません。

けど、触覚 そして聴覚の人にうったえかける花。とは。


最近とっても好きなマンガ描きさんがいらっしゃるんですけど
その方の絵からは 虫の羽音 雨の匂い 風の動きを感じます。
線画なのに・・・

自分もそういう表現ができるようになれたら・・・ と思います。

感性もテクニックも もっともっと磨かねば と思います。

そして相手を知る洞察とか。


いろいろ ものすごく得るものの多かったプハラさんの連休でした。
[PR]
by puhara | 2015-10-13 22:19 | 店主の日常 | Comments(0)