岐阜の花屋 プハラ です。岐阜市福光西2丁目3-5    丸五アパート101      天神川沿い どんぐり公園向かいにお店があります。 tel:058-260-6636 mail:puhara@nifty.com


by puhara
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

お彼岸

e0123920_0232068.jpg

「暑さ寒さも彼岸まで」と言いますが、
朝晩 すっかり涼しくなった 今日はお彼岸。

昼と夜の長さの等しくなる この時期になると、
土手や田んぼ沿いの小道が いっせいに真っ赤に染まります。

ふだんは まったくその気配を感じさせないのに、
気がつけば 突然に、その華が咲き乱れるのです。

植物って 本当に神秘。

 









e0123920_023380.jpg

彼岸花 別名 曼珠沙華。
子供の頃から 心惹かれてやまない花でした。

手折って 持って帰りたいのに
「触っただけでも死ぬ」とか
「家に入れると 火事になる」とか
よくない感じの噂を 必ず誰かが話していました。 
私は やっぱり怖くて、いつも遠巻きに眺めるだけでした。

実際に毒性もあるそうなのですが、それ以上に
そんな不吉な噂も 妙に納得させられてしまう何かが
この花にはあるように思われてならないのです。

連想するのは 血の色? それとも情念の炎?
もしくは こちら側とあちら側をへだてる川を映す影?

何をかくそう、子供の頃のイメージが刻みこまれたまま
いまだに 彼岸花を直に触ることができません・・・



e0123920_0233382.jpg

お散歩途中のフレブルさん。
いいお顔をしてました。
[PR]
Commented by o-ko at 2008-09-24 09:34 x
俺も心惹かれてました、この時期になると、学校帰りに
摘み取って、持って帰って怒られてました。
Commented by れんげ at 2008-09-24 10:58 x
今まで普通にデジカメで写真撮ってたと思ってたんだけど、やっと一眼にしたんですね。
でも前のが上手に写ってたような…w
慣れですかね。

私も宮崎あおいが宣伝してる一眼ほしいなーと思ってるけど、何を買い揃えたらいいかわからなくて。
Commented by puhara at 2008-09-24 11:17
>o-ko さま
持って帰ったんですか!?
つわものだ!!!
その後 なんともなかったですか?(笑)
Commented by puhara at 2008-09-24 11:23
>れんげさま
あひゃひゃひゃ まさかのダメだしw
そうですね~ 今 カメラと語り合ってる真っ最中です!
でも これはブログ用に縮小してるんですけど、
大きくすると けっこうキレイなんですよ~(汗)
ケイタイ写真とは 肌理の細かさが全然違うんです・・・(言い訳)

・・・ ハイ 精進いたします・・・

宮崎あおいのと迷ったんですけど、うちはキムタクです。
なんか レンズキットという 買いやすいヤツが置いてあるので、
そんな感じでw
れんげサマもぜひ!やば写真撮ってください!!!
Commented by tomo-so_ko at 2008-09-24 15:13
日曜日に墓参りに家族で行ってきました。
それが終わってから次はもう少し山奥の先代ワンコ3匹と
うさぎ1匹が眠る小さなお墓へ2人で。
年に数回しか来られないから草はボウボウ、水を入れる器も
あっちゃこっちゃに転がっていましたが、草引きをして何とか
見れる状態に。彼岸花満開でしたね。
Commented by cayo at 2008-09-24 17:49 x
わたしも子どもの頃から、このお花、特別なお花でした。
摘んでも怒られなかったけれど、
「なめると死ぬよ」とか
「手に汁がついたら絶対に手をしっかり洗わないと死ぬよ」と
親や祖父母に言われました。

去年公開された「22歳の別れ 花見ず葉見ず物語」という
大林宣彦監督の映画は、この花がモチーフになっています。
わたしはたいへん魅せられました。
(知名度ないまま、寂しく公開終了してゆきましたが。)
Commented by 珠子 at 2008-09-24 17:56 x
私も好きです。
曼珠沙華という呼び方のほうが雰囲気があっていいですね。
いつもなんとなく遠巻きに眺めるだけですが、
人を引き付ける不思議で怪しげな魅力がありますね。
近所ではあまり見かけません。
どこに行ったら見られるのやら・・・。
Commented by tokyo_ivonnu at 2008-09-25 16:26
うん。「22歳の別れ」を思いました。

素敵・・・・・
Commented by puhara at 2008-09-25 19:48
>tomoさま
あう・・・ お彼岸のお墓参り 行けなかったんです・・・
おじいちゃん おばあちゃん ゴメンナサイ・・・

ご先祖さまだけでなく
わんこさんたちと うさぎさんにも ちゃんとお参りされてるtomoさんがとても好きです。
Commented by puhara at 2008-09-25 19:50
>cayoさま
おぉ!その映画 ノーマークでした!
さっそくタツヤで探さねば!

でも「死ぬよ」
ひじょうに重いですね。
ほんとに死にそうな気がするからまた・・・
Commented by puhara at 2008-09-25 19:54
>珠子さま
あれ? うちの方ではそこら中 真っ赤ですよ。
じゃあ 来年はぜひ岐阜にお越し下さい。(笑)
曼珠沙華というのが彼岸花のことだと知ったときは、妙に感動した覚えがあります。
やっぱり 好きだからですかねぇ。。。
Commented by puhara at 2008-09-25 19:56
>イボンヌさま
団長 大林作品お好きですものね。
ワタシもタツヤにGO!
Commented by 果羊 at 2008-09-25 21:54 x
しっとりとして素敵なお写真ですね^^
彼岸花はいろいろな呼び名があるみたいですよね。死人花とか…
不吉なイメージもありますが、私も大好きなお花です。
Commented by puhara at 2008-09-26 09:29
>果羊さま
あ・ありがとうございます。恐縮です。
まだまだ 使い勝手が分かりません。。。
もし良かったら 初心者でもよい写真が撮れるコツをご指南下さい(笑)
彼岸花には陰性の要素もあるからこそ こんなにも心惹かれるのかもしれませんね。。。
by puhara | 2008-09-24 00:51 | 店主の日常 | Comments(14)