岐阜の花屋 プハラ です。岐阜市福光西2丁目3-5    丸五アパート101      天神川沿い どんぐり公園向かいにお店があります。 tel:058-260-6636 mail:puhara@nifty.com


by puhara
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ワイエスを見に行きました。

e0123920_23394446.jpg

ちょっと前のことになるんですけど、
アンドリュー・ワイエス -創造への道程ー 観に行ってきました。

今回のは 制作の過程に焦点をあてた展覧会ということで、
完成作に至るまでの 習作が多く、
かの「クリスティーナの世界」や 「ヘルガ」のシリーズを見ることはかなわなかったのですが、
1枚の絵画が 完成に至るまでの背景を、
細やか かつ具体的に見ることができて
なかなか興味深いものがありました。

なにせ絵心のないワタクシ。
巨匠・天才 芸術家と呼ばれる方々は、
インスピレーションが湧いて スイッチが入ったら
白いカンバスに向かって、一気に制作に入るものだとばっかり思ってたりしました。

しかしながら、
背景の端の方の 1コ1コの部分まで、きっちりスケッチしてるところとか
ひとつの景色を描くのに、色々な角度から 描き比べている様とか
う、うまく表現できませんけれども、
目からウロコといいますか・・・
はい。
ただただ すごいと思ったんです。
この過程があるからこそ、
すべての芸術作品は 人の心を打つのでしょうね。。。。。

「神はdetailに宿る」 というような言葉を聞いたことがあります。
残念ながら 誰の言葉か忘れてしまったのですけど、
つまり そういうことなんだと思います。

そしてそれは、絵画だけでなく すべての制作について言えるのでしょう。
改めて 心に刻みます。
[PR]
Commented by cayo at 2009-02-23 01:38 x
あぁ、観たいなぁ!
これは関西には来ないのかなぁ
たまに、遠方のお友達が観て
「よかったよ~」ときいていた美術展などが
数ヶ月後とか1年後とかに「よーやく」関西お目見え、
というようなことがあって、
タイムラグごと味わい深く鑑賞することがあります。

来たら行く!アンドリュー・ワイエス!
(と言うてたら関西終わったあと、ということもよくあり凹みます・・・)
Commented by puhara at 2009-02-23 11:41
>cayoさま
軽く調べてみたら、次の巡回先は福島県だそうです。
あらら・・・
関東に住んでたら、面白そうな美術展が いつもどこかでやってるので、
忙しくてしょうがないだろうな・・・
イナカ住まいで ちょうど良かったのかも知れません
もちろんまけおしみデス(笑)
Commented by そらまめ at 2009-02-24 13:11 x
私シャガール展を見に行ったことがあるんですけど・・・
分かりませんでした(涙)

けど私の友達はシャガールを見て涙するんですよ!!
私と違う涙だわーーーー
なぜーーーーー!!!!
Commented by puhara at 2009-02-26 19:20
>そらまめさま
シャガール 嫌いじゃありませんし、
昔 見に行ったこともあるのですが、
涙は・・・ 出ませんでした・・・
by puhara | 2009-02-23 00:13 | 店主の日常 | Comments(4)