岐阜の花屋 プハラ です。岐阜市福光西2丁目3-5    丸五アパート101      天神川沿い どんぐり公園向かいにお店があります。 tel:058-260-6636 mail:puhara@nifty.com


by puhara
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

2010年 01月 30日 ( 1 )

いたたまれない気持ち

e0123920_13105363.jpg

お誕生日のお祝い
オレンジ・レッド・イエローでフレッシュな感じに。
春を待ちわびる 今日この頃、
こんなあっかるい色を使いたくなりますね。

この写真ではわかりにくいですが、
色とりどりのラナンキュラスが入っています。
バラとかを使うと、ちょっとくどくなりがちな こんな色の組み合わせでも、
ラナンだったら、軽やかに明るくなじんでくれます。


そんなフレッシュな花たちとは裏腹に、
プハラさん 先週から負傷つづきです。
って言っても、大したことではないんですけど。

新しい靴がなじんでなくて 足の親指の爪が黒くなったとか、
膝小僧をぶつけて 黒くなったとか、
右手親指の 爪がはがれて割れた とかなんですけどね。

それでも、黄金の(笑)右手親指負傷は 痛手です。
細かい作業も 大きい作業も、
親指を庇いながらって 非常に作業効率が下がるんです。
早く伸びてこないものかと、カルシウムを摂取したりしてましたけど
爪の成分はタンパク質なので、どうやら間違ってたみたいです。

そんな折、先日 打ち合わせさせていただいたのは
すごくかわらしいネイリストさん。
もちろん センスよくアートのほどこされた手先が とても美しいのです。
そんな彼女の目の前に、この割れた爪を出すことの恥ずかしいことったら!

水仕事で荒れた手も ある意味花屋の勲章なのですが、
同じ“働く手”のはずなのに、ここまで違うものかと・・・
ちょっといたたまれない気持ちになってしまいました。

かといって、どんなにガビガビの手になったとしても、
やっぱりこのお仕事は やめられないんですけど(笑)
[PR]
by puhara | 2010-01-30 23:31 | flower | Comments(8)