岐阜の花屋 プハラ です。岐阜市福光西2丁目3-5    丸五アパート101      天神川沿い どんぐり公園向かいにお店があります。 tel:058-260-6636 mail:puhara@nifty.com


by puhara
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2010年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

王道

e0123920_10344146.jpg

一周忌のお供え用のアレンジメントです。

菊とか蘭とか あと蓮の実とか
お供えとしては わりに王道のお花なのですが、
集めてみると 若干トロピカル風味。
個性的なお花を好まれるお客様でしたので、こんな感じもアリかと。

つづきを読む
[PR]
by puhara | 2010-07-31 11:01 | flower | Comments(2)

夏ばての原因

e0123920_0252725.jpg

暑中お見舞い申し上げます。


真夏は お花の出荷量も減りますし
できるだけ 持ちの良いものを選ぼうとすると、
おのずと花材選びが難しくなってきます。
アレンジの色目や内容などに ご希望やご指定がございます場合は、
お早目にご注文いただけますよう お願いいたします。

つづきを読む
[PR]
by puhara | 2010-07-28 01:15 | 店主の日常 | Comments(2)

千年後・・・

e0123920_2329051.jpg

衝動買い!

一見 なんの変哲もない、なんかの苗木のように見えますけれど、
数百年後には・・・

つづきを読む
[PR]
by puhara | 2010-07-19 23:58 | plants | Comments(12)

梅雨明け間近

e0123920_20111673.jpg

毎日毎日 ムシムシしますねぇ・・・
梅雨は ほんとうに苦手です。

こんな時期は 仕入れも悩みます。
気温が高いのはもちろんですが、
湿度過多も 花弁が腐りやすかったり カビがはえたりと なかなか手強いのです。

でも こんな時期だからこそのキク系は かなり重宝。
花色も咲き方も豊富で、なにより持ちが良い!!!

こちらはディスパット系の洋菊 
内にグリーンを秘めた 透明感のあるホワイト。
花弁の先が すっと丸まって、繊細な表情を見せてくれます。
名前は・・・ スミマセン わかりませんでした(笑)

菊というと いまだにお供えイメージがつきまとってしまうのですが、
素敵な品種も たくさん登場してます。
ぜひとも お洒落花材として もっと認知されてほしいのです。



全国的に激しい雨がつづいて、各地で河川の氾濫やら土砂崩れやら 
さまざまな被害が出てるとのこと 心痛みます。

昨日は こちら岐阜でも かなり激しい雨でした。
とりあえず うちは無事ではありましたが、
ゲリラ豪雨の怖さは なんとなく経験したことがあります。
梅雨明け間近とはいえ
どうかみなさま、お気をつけください。

ってか、梅雨ってこんなんでしたっけ!?
なんだかもうちょっと しとしとしたものだったと記憶してるんですけどねぇ・・・

日本の夏が 亜熱帯化してるそうですが
なんだか怖いことです。

雨ふり期間 まったくもって放置していたうちの庭に、
見事な 雑草ジャングルがうまれています。
怖いことです。
[PR]
by puhara | 2010-07-16 21:18 | flower | Comments(4)

9 からの 2001

e0123920_9103772.jpg

遅ればせながら 映画 『9<ナイン> ~9番目の奇妙な人形~』 見てきました。

ティム・バートンも絡んでいるってことで、とても期待値が高かったんですけど
そんな私のワクワク感を まったく裏切らない、
素敵(?)な世界観でした。

破壊され 荒廃した世界
そこかしこに見られる ノスタルジックかつエレガンスな美しさ
悪い夢のようだけど ずっと見ていたいような気持ちにさせられます。

そして なんといっても、造形がいい!!!!!
悪役キャラのメカニックとか いちいち良いんです。
フィギュアとかあったら 揃えたいなぁ・・・

つぎはぎ人形の質感とかも よいです。
東欧の人形アニメとかみたく ストップモーションでもいいかも~ とかも思いましたが、
迫力の戦闘シーンは やっぱり最先端のCGならでは。



ストーリーは けっこうシンプルで わかりやすいです。 
キャラの立った仲間たちを集めて 巨大な悪に挑む!的なのって、やっぱ鉄板なんですね。

あと、なんとなく見聞きたことのある あんなお話やこんな映画が 
いろいろ頭をよぎってしまいました。
「巨神兵かと思ったら カオナシじゃん」 とかね(笑)

でも “7”が やたらかっこよかった!!!
そんでもって “9”がイライジャ・ウッドってのは 似合いすぎ!!! 
指輪的な意味で!!!



なんにしても 映像がひじょうに素晴らしいので、
とっても楽しめる作品です。
メカ好き とか 廃墟マニア とか 工場萌え な方々には、
よりいっそう楽しんでいただけるかと思います。
まだ間に合う方は どうぞ劇場で!

つづきを読む
[PR]
by puhara | 2010-07-09 20:01 | 店主の日常 | Comments(6)

グリーンいろいろ

e0123920_18543983.jpg

事務所開業のお祝い用に 観葉植物の寄せ植えです。
幹のうねうねした フランスゴムの木がメインで、
けっこう大きいです。

写真 こんなでスミマセン
大きい物体を撮るのが むずかしいです。



e0123920_18545761.jpg

いちおうアップも。

お花ではなくても、
葉色のバリエーションや質感の違いで けっこう華やかにもできます。
ステレオスペルマム
ドラセナ・コンシンネ
シッサス・シュガーバイン
ピレア・カディエレイ
ミカニア・デンタータ
レックスベゴニア 

ますます暑くなるこの時期、
エアコンの乾燥や 気温変化にもさらされて
植物にも厳しい季節でもありますので、
できるだけ 丈夫で育て易いものを選んでみました。




いよいよワールドカップの決勝カードが決まりましたね。
う~ん やっぱスペイン?

なんとなくイメージが好きだった イングランド ポルトガル
監督が好きだった アルゼンチン
アフリカ代表で頑張ってほしかった ガーナ
日本に勝ったからこそ頑張ってほしかった パラグアイ
そして まさか負けるわけがないと思ってた ブラジル

そのときどきで わたしが応援してた方が、
軒並み負けてしまったという事実。

ちょっと切ないです。。。

とりあえず ドイツの占いタコさんが シーフードサラダにされてしまわないことを祈ります。
[PR]
by puhara | 2010-07-08 19:31 | plants | Comments(6)

七夕前夜

e0123920_22531092.jpg

むしむしと暑い日が続きますね。

梅雨のうっとおしさを 少しでも忘れられるよう明るい感じに というご希望で、
さわやかプリザ-ブドアレンジです。

気温が上がってくると どうしても生花の持ちが悪くなってくるので、
プリザのご注文も多くなります。
プリザーブドフラワーの扱いには 繊細な処理が必要ですので
制作には お時間をいただくことがあります。
ご注文の際には お日にちの余裕をもっていただけるよう、お願いいたします。



明日は七夕ですね。
今年の彦星さまと織姫さまの逢瀬は かなうのでしょうか?

先日実家に帰ったら、
かわいい姪っ子のために 笹飾りが用意してありました。
正確には 例のごとく “笹”ではなく、ごっつい“竹”でしたが。
うちの実家には 敷地内に竹やぶがあるんです。

流麗な 切り紙 折り紙の飾りとともに
キラキラのパーティモールや星型オーナメント
はては トニートニー・チョッパーくんなんかも飾られてて、
なにかしら 間違っている気がしなくもありませんが、
姪っ子が楽しいならば 良しとしましょう。

姪っ子がかわいらしく書いた 意味不明な短冊とともに
「サマージャンボの1等があたりますように」 という現実的な短冊も飾ってありました。
まぁ 気持ちはわかりますが・・・

そうそう 姪っ子といえば、
ローカルエリアのフリーペーパーの ヘアサロンの宣伝ページに、
栗毛のマッシュルームカットの かわいらしいモデルさんが載ってたんですって。
姪っ子が その写真を指差しては 
「あっちゃん!あっちゃん! (わたしのことです)」 って、騒いでいたらしいです。
姪っ子2歳 ますますかわいいです☆

しかし 残念ながら、リアルプハラさんは 現在アシンメトリー・ショートボブなので
むしろ、湯浅教授のほうが 近いのですけれどね。。。
[PR]
by puhara | 2010-07-06 23:20 | 店主の日常 | Comments(2)

夏の薪窯見学

e0123920_18251336.jpg

ちょっと前のことになりますが、
多治見の陶芸家の友人宅で、薪窯の火入れが行われました。
「よかったら 見にきて~」 って 軽い感じでお招きいただいたので
ありがたく見学に行ってきました。

この登り窯も、設計・施工 すべて自分たちで作ったそうです。
作ってる途中の段階は 見たことあったんですけど、
完成してからは 初のご対面です。
すごい!!!



e0123920_18253769.jpg

ガス窯、電気窯とちがって、燃料は薪。

温度管理なども含め、すべて人の手で行われます。
もちろん目が離せないので 主宰者さんは三徹だったそうです。
ほんと すごい!!!



e0123920_1826246.jpg

わたしなどは 陶芸に関する知識とか ぜんぜんないので、
終始 「すご~い! すご~い!」 言ってただけなんですけど。

でも、自分たちの仕事にこだわりまくり
これだけのことを 自分たちの手でやりきっている彼らは、
とてもまぶしく かっこよかったです。
私も頑張らないと! と、素直に思えました。

ちなみにこれは 彼らの作品の一部ですが、
いちおう 一般家庭です。
素敵です。

築100年の古民家を自分たちで改装して、
登り窯とかも作っちゃう こだわりのオサレ陶芸家夫妻。
「You 雑誌とかテレビとかに出ちゃいなYO!」 とか勧めてみたんですけど、
「え~ そういうのめんどくさい」 って、あっさり却下されましたwww

そんな潔さも素敵で 大好きです。




窯出しの模様はこちらでどうぞ。
多治見の郷から ~陶芸教室とよとみ陶芸ブログ~
[PR]
by puhara | 2010-07-05 19:03 | おさんぽ雑記 | Comments(4)

神の子

ワールドカップ見てます。 
日本代表 本当に残念でしたね。
泣きましたよぅ。

でも、死力を尽くし なにかを得ようとする姿は ほんとうに美しい。
感動でした。



しかしながら ワールドカップは ここからがクライマックス。
私が気になるのは なんといってもマラドーナ。
面白すぎます。

っても、全盛期のマラドーナを見てたわけじゃありませんし、
エピソードや 記者会見の模様しか知らないんですけど。
でも、面白い!!!

すごい人なのに面白いのか?
すごい人だから面白いのか?

なので、これを見ました。

e0123920_22103213.jpg

マラドーナのドキュメンタリー映画 そのものずばり『MARADONA』

マラドーナ本人も気になりますが、
なんといっても 監督がエミール・クストリッツァ!
『アンダーグラウンド』 大好きなんです。

予想通り 普通のドキュメンタリー映画ではなく、
マラドーナの人生が よく分かるかといえば、そんなことないんですけど(笑)
でも、なかなか面白かったです。

バカでかいダイヤのピアスとタトゥーが目立つ 
小太りの陽気そうで奇天烈なおっさん(失礼)という 
今のイメージからは想像もつかないほどの 現役時代の華麗な動き。
素人目にも 「この人違う」 ってのはよくわかりました。

あと麻薬とかマラドーナ教とか 反米とか 反米とか 反米とか。

今なお圧倒的な存在感の神の子 と その後継者たち。

さて 今大会屈指の好カード アルゼンチンvsドイツ
どうなるんでしょうか ね?
[PR]
by puhara | 2010-07-03 22:30 | 店主の日常 | Comments(2)