岐阜の花屋 プハラ です。岐阜市福光西2丁目3-5    丸五アパート101      天神川沿い どんぐり公園向かいにお店があります。 tel:058-260-6636 mail:puhara@nifty.com


by puhara
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2014年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

時事ネタに対する私論

e0123920_2115040.jpg

お供え用のプリザーブドフラワー

お供え用のアレンジにはバラを入れることはあまりないのですが、
故人がとてもお洒落な女性だったとうかがいましたので、
あまりバラ候ではない種類のもので やさしく上品に。

つづきを読む
[PR]
by puhara | 2014-07-24 09:12 | flower | Comments(0)

夏はすっきり

e0123920_2249155.jpg

沖縄から三線の先生をお迎えする際にお渡しする花束。

年配の男性の方へということも踏まえつつ、華やかにボリューム出して
保ちのよいもので かつ、沖縄であまり見かけないような花で、というご希望でした。


この季節に出回る丈夫な花といいますと、
やっぱり熱帯っぽい 蘭やアンスリウムあたりが 安心できます。

だがしかし、沖縄にある・・・よね・・・・・?


かといって、バラやひまわりでは 芸がなさすぎるかな~
ってことで、百合です。
八重ね咲きのユリ、ノーブルです。
丈夫だし。

に、ひと目惚れした とても素敵な色のフロックス。
緑と紫の組み合わせって、とても好きなんです。

色のインパクトを明確に見せたかったので、
あまり小細工せずに すっきりまとめました。


そろそろ蝉の声も聞こえはじめ、
うちの姪っ子も夏休み っつってたし、
いよいよ夏到来です。

岐阜の夏は ほんとうに暑いです。
沖縄より暑いです。

なんといっても海なし県、風がないんですよね。
寒いのはけっこう平気ですけど、暑いのとにかく苦手です。

とうことで、ほぼ毎日 リネンかコットンのワンピース。
風通し至上主義
ウエストマーク なにそれ美味しいの?ってなもんです。

夏はすっきりがいちばん。


夏の太陽の前では、へたな小細工なんてしてらんないし、

強い日差しにも張り合えるくらい 印象の強い花
今は そんな気分であります。













  
[PR]
by puhara | 2014-07-19 08:16 | flower | Comments(0)

片陰

e0123920_20193810.jpg

男性の方へのお誕生日のお祝いに。

「古木から新芽が出るようなイメージで」 とのご注文です。
分かりづらいですけれども、古木挿しこんであります。

新芽っぽい花材というと、どうしても春~初夏にかけてに多く出回ります。
ので、盛夏の花でどこまで近づけるか、が課題でした。

深いお色味がお好みの方でしたので、
あえて ひまわりの花弁をはずしてみたりしております。

たまにはこんな わっさりした感じのも。

こういうとき ヒントになるのは、自然の風景だったりするんですけれども
どんなにオサレ風に取り繕ってみても、
ありのままに生い茂る 野放図な植物たちの表情には 
やっぱりかなわないなぁ と思います。


それを確認するために、
隙あらば 南の島に行ってるのかもしれません。


先日の宮古島の梅雨は、岐阜で体感できる台風レベルだったわけでありますが
リアル沖縄の台風 どれぐらいすごいんだろうか・・・
[PR]
by puhara | 2014-07-10 20:46 | flower | Comments(0)

映画館のおもいで

e0123920_19242941.jpg

愛する 名古屋シネマテークさんが 今年32周年を迎えられたそうです。

32年ってすごい。
新生児が立派なおつさんになるんですよ!?
すごい。

で、めでたいね~ とか思いつつ twitter眺めてましたら
 「君たちの初テークを聞かせてよ」 というハッシュタグが、とっても面白かったのです。


みなさんの初テーク作品と それにまつわる想いとかを読ませてもらってると、
「あ~ それあたしも観た!面白かった!」 とか
「そうそう それあたしもすごい好きだ!」 とか
「うわ、そういえば それ見逃したんだった~ レンタルさがそ」 とか

いっしょに 自分のログもよみがえってくるわけですよ。 


『ざくろの色』 スクリーンで観られて むちゃくちゃ感動。
『BLUE』 後にも先にも あんなに眠気と闘ったことはないかも。
『イレイザーヘッド』 感想を述べ合って 彼氏とケンカになりました。それ以降 基本ぼっち映画。
『レニングラードカウボーイズ ゴーアメリカ』 来日の際は大歓喜でライヴに行ったな。
『東京裁判』 間に休憩が入る映画は これが初体験。
『書を捨てよ町へ出よう』 これが寺山かぁぁぁぁぁ!!! と大興奮。
『ファウスト』 これでシュヴァンクマイエルに首までどっぷり。
『春にして君を想う』 たぶんいちばん好きな恋愛映画。
『ヴィオレッタ』 これ いちばん最近。

てか、キリがないな・・・(笑

胸に刺さるドキュメンタリーや自主制作モノもいろいろ見たと思います。  


そんなこんなをふりかえると、
同時進行で その頃の出来事とか 思い出とか 
自分の半生をなぞる感じにもなったり。

いやはや お世話になってるな~~~



岐阜よりさらにイナカ住まいだった私には、
電車乗り継いで、名古屋まで映画観に行くってのは、
あのマニアックな場所 マニアックなたたずまい マニアックなセレクトも相まって、
そらもうわくわくする 特別な時間でありました。

あれからもう 20年ちかく。

毎週までは行けずとも、なんだかんだで 定期的に足を運び
すっかり慣れ親しんだ道のりにはなりましたが
やっぱり変わらず わくわくする場所であることに揺るぎはないのです。

混んでるときに出てくる 最前列の座椅子も楽しいし!


シネマテークをきっかけに
ミニシアターに足を運ぶのが楽しくなりました。
スコーレも好きだし、名演小劇場やミリオンもイイですよね。

今は亡き ゴールド・シルバー劇場 ヘラルドのビルとかも行ったな~


巨大モールのシネコンも増えて
設備の整ったスクリーンももちろん良いですが、
それぞれの個性が光るミニシアター通いは、やっぱりやめられません。

今後とも 末永くよろしくお願いします。



で、私の初テークは たぶん 『裸のランチ』 だったと思うのですが、
かなりフワフワな記憶なので、ちゃんと確かめたいところではあります。


てか、今日映画の日じゃん!!!
[PR]
by puhara | 2014-07-01 12:23 | 店主の日常 | Comments(0)